インプラント治療の問題点は治療に失敗

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。



他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。
虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、治療を受ける決心がつきました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、自由診療なので、歯科医院ごとにずいぶん費用は変わってきます。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかる点も知っておく必要があります。



これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。


ちょっと調べればわかりますが、治療費は地域や、歯科医によって差があると考えるべきです。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に設定できるのです。大まかな相場はありますので、心配しないでください。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。
新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。

これは重要な事実です。いくつか例を挙げると、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。



特殊な外科的治療についても技術を要求されるので症例数が多ければ多いほど良く、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。



また、できれば費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。
劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。



入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その義歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。
高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのです。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。


大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。


加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。

ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。旧来の入れ歯と比べた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術が物を言うといわれています。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。